キクラゲはこれまで、99%中国からの輸入に頼っていました。昨今の残留農薬の問題や加工品に至っても産地表示が必要となった為、国内産の需要が高まっています。乾燥キクラゲの輸入量は年間2600tにもなっております。キクラゲの国内消費量は「なめこ」と肩を並べる規模です。